So-net無料ブログ作成

銘仙尽くしにしてみた [お買い物]

ふとブックカバーが欲しくなり、近所のお店へ寄ってみた。
こちらのお店では、古い銘仙をリメイクして小物を作ってくれる。
もちろん出来上がったものも販売している。

今回欲しかったのは新書サイズのカバー。
コットン製で手作りしたりしているけれど、銘仙みたいなツルっとした生地は
ミシン縫いに少し気を使う必要があるので、ちょっと面倒。
なので出来合いのものを買おうかと思ったのだ。

しかし行ってみると新書サイズが店頭にない。
「お好きな銘仙生地で作りますよ」ということなので
あれでもない、これでもないと銘仙を広げさせてもらう。

あまり可愛らしい感じも嫌なので、少し幾何学的な柄から選んでみる。
ぐふ。出来上がりが楽しみ♪

で、色々見ているとスカートも作ってくれるという。
これは頼まなくては!

スカートとなると大柄な生地の方が楽しいよなぁと、ブックカバーとは違う視点で選ぶことになる。
適当にピックアップしているとお店の方が
「他にもあるので、ご希望の色があれば…」とおっしゃってくださった。
ならばと「緑系」を希望してみたけれど、やっぱり緑系ってあまりない…

代わりに何点か、まだ着物状態で洗い張りもしていないものも見せていただいた。
うーん…悩ましい…

他のお客様と一緒にあれこれ当ててみて、3つ生地を選んでみた。
①オフホワイト地に黒で割りと細かく幾何学的な柄が入ったもの。
 ところどころにピンクやブルーが入っていて、少しタイル風?
②ザ・銘仙!というような紫地に楕円のような△のような絣っぽい柄がはいったもの
③黒地に焦げ茶と紫で大き目のどんぐり柄。こちらのみ新しく織られた反物で新品

さて、どうしよう。
①の柄は、着物として仕立ててある状態なのだけど、何がおしゃれって
裏地に目の覚めるような黄緑色を使っているところ!
どんな人が着ていたのだろう? とにかくおしゃれで、わくわくする。
②はオレンジやら緑、黄色といろんな色が使われていて、結構派手。
トップスに白いTシャツを着ると、夏にいいかも。
③は今からの季節にはちょっとどうかと思うけれど、大き目のどんぐりが愛らしい。

うーむ。
悩みに悩んで、①でスカートをお願いすることにした。
②も捨てがたいけど、もしかしたらまた出会えそうな感じの柄だからね…

そして、どうにもあきらめ切れない③のどんぐりは
別にバッグをオーダー!

おおー! これで銘仙尽くし。

オーダーを完了して、気分は最高にワクワク。
というわけで浮かれた気分で、もうひとつバッグを購入してしまった。
こちらは出来上がっているものなんだけど、派手な迷彩柄風の銘仙。
デニムに合わせるのにぴったりだと思うんだよね。
20080312_kokon_bag1.JPG

さて、ブックカバー、スカート、バッグの全然違う柄の銘仙3点、早く出来上がらないかなー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。