So-net無料ブログ作成

2012/03/13 IL DIVO [音楽]

初めての「IL DIVO」。

直前にFCチケットを人から譲っていただいた。
フィギュアスケートと同様に、FCのチケット譲渡はハードルが高くなっているよう。
身分証明証が必要だったりと何かと手間がかかる。
その分、席は素晴らしくよかった。
近所で公演するし、休みだし、行ってみようかなーくらいの軽い気持ちで見に行った私には
少しもったいなかったかも。
あまりの良さに譲ってくれた人は、本当に残念だったろうなーと思う。
というわけで帰りにコンサートグッズを購入し、譲渡してくれた人に送ることにした。

ファンというわけではないので、ぼけーっとみていると
4人のキャラクターの違いが、本当にグループの魅力になっているんだなぁとしみじみ感じる。
声質も歌い方も違うし、この人が合わなくてもあの人は合う、みたいな状態。
これはジャニーズ戦法?
というわけで、周囲の熱心なファンの方々はメンバー個人名の団扇を持ったり
国旗を振ったりで応援している状態。
スイス国旗持っているし、こういう状態なら持ってきて振ればよかったわ、なんて思ったり(笑)

しかしメンバーの一人、デイヴィッド・ミラーが盛んに日本語を繰り出していて
しかも何故か少し関西弁風だったりして、フレンドリーさ満点だった。
たぶん耳がいいのだろう、アクセントも発音もかなり上手かった。

そして震災後1年ということで、黙とうの後、日本語で「ふるさと」を歌ってくれた。
正直、なんてベタな、べたすぎる選曲なんだ!と思ったのだが、
これがなんというか素晴らしく胸に来た。
周囲との温度差を感じて、少し冷めつつあったのだけれども
本当にシンプルにぐわーっと響いて、知らず知らずに涙が…
この1曲だけで、もうすべてが満足、という状態。
やっぱり音楽って偉大だわ…
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。