So-net無料ブログ作成
検索選択

2012/12/5 コリン・カリー・グループ&スティーヴ・ライヒ「ドラミング」 [音楽]


ライヒ:ドラミング

ライヒ:ドラミング

  • アーティスト: ライヒ(スティーヴ),ライヒ
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1996/10/10
  • メディア: CD



素晴らしかった!!!!!
「ドラミング」といえば、私にとってローザスの演目だった。
最近ローザスも来ていないし、生で聴けるなら行ってみようかという
簡単な気持ちで聴きに行った。

いやぁ、本当に素晴らしくって
どことなくマリインスキーバレエで不完全燃焼気味だったのが
一気に解消した。

★クラッピング・ミュージック (1972)
スティーヴ・ライヒ本人とコリン・カリーによる、ハンドクラッピング(拍手)。
ずれいていたのが、ある時同時になり、またずれていく、その妙。
のっけから面白かった。

★ナゴヤ・マリンバ (1994)
なんと、名古屋のシラカワホールこけら落としに作成された作品。
その時にライヒを知らなかった自分が悔しい。(名古屋に住んでいたのに)
二人が向かい合って直近でマリンバを叩いていた。
全然お互いを見ていないのに、ものすごい息の合いよう。

★マレット楽器、声とオルガンのための音楽 (1973)
これ、本当に好き。
初期の無印良品でよくかかっていたような音楽の上位互換という感じ。
私のヘヴィーローテのワールド・スタンダード(初期)も近い。
もしかしてワールド・スタンダードは、これを目指していた?

World Standard

World Standard

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: テイチク
  • 発売日: 1990/09/21
  • メディア: CD


少し涼しくて眩しい光に包まれているような感じ。
「玲瓏」って言葉が浮かぶ。
素晴らしい幸福感もあって、ほわーんとする。
この曲のためだけにチケット代払ったといってもいいくらい、素晴らしかった。
はぁ。

ここで休憩。
残念ながら客席にいたスティーヴ・ライヒのサインは、目前に迫っていたのに
休憩時間の終わりでもらえず。
バレエに比べたら仕切りが悪いのよね。
客席内は撮影禁止なのに、ライヒと写真撮る人多数で時間がかかること、かかること。
写真不可にして、ここまでって列を切ってくれれば
もっと早く諦めもついたのになぁ。


★ドラミング[全曲] (1970-71)
いやぁ、これも本当に素晴らしかった。55分の大作なんだけれど全く飽きなかった。
結構良い席だったので、最初のドラムの振動が座席に伝わってくる。
ドラムといってもたぶんボンゴをバチで打っていた。
正面の席だったので、4人でボンゴを打つ時のバチの動きがよく見え、
バラバラだったバチが揃っていく様子が、ものすごーくわくわくした。
9人編成?のメンバーが入れ替わり立ち替わり演奏していく様子も見もの。
一人奥に座っているおじさんは出番がなかなかないなーと思っていたら
ピッコロ担当だった。

なんというかローザスでの「ドラミング」は、全曲の一部だし
テープ演奏のところにダンスの音(足音だったり衣擦れだったり)が入るので
やはりメインはダンスで、音楽はある意味添え物。
でも生で聞くと、添え物なんて勿体無い!贅沢すぎる曲だ!と思った。

本当に素晴らしいひとときだった。
ついでに言うなら、オペラシティのコンサートホールに初めて入ったけれど
素敵なホールで、更に気分も盛り上がったというのもある。
とにかく、最初のハンドクラッピング以外、反響が素晴らしくて
まさに音楽のシャワーを浴びているような状態。
これはCDでは体験できないと思う。
もっとコンサートに来よう!と思わせてくれるホールだった。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

nao

こんにちは。
私も昨夜聴きました。
よかったですね!
集中と解放。厳密なのに、癒される。読経とかガムランみたいな一種宗教的なトランス感があり、ほわああああとなりました。
一生懸命聴いてたのに時々意識が飛んでいたような気がします。
導眠音楽にもよさそうです。

私は前のほうでしたが斜め席だったので、対になる演奏があまり見えなかったんですよね・・・。
この曲は上から覗き込むのも楽しそうだなぁと思いました。



by nao (2012-12-06 14:49) 

amandapanda

コメントありがとうございます!
上の席、覗き込んでいる方多数で楽しそうでしたよね。
意識が飛ぶのもしょうがない、というくらい気持ち良さがありましたから
naoさまの状態良くわかります。
あれは本当に生演奏の良さですね。
by amandapanda (2012-12-07 14:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。