So-net無料ブログ作成
検索選択

2014/5/13 歌舞伎座「団菊祭五月大歌舞伎」昼の部 [その他]

まったく行く気はなかったのだが、ちょっとお安く譲ってもらえることになり行ってみた。
私の歌舞伎体験は、高校生のときの歌舞伎鑑賞会のみ。
たしか国立劇場での白浪五人男。
って今って便利ね。すぐに配役も調べられた。
第31回歌舞伎鑑賞教室」これだ。
今見ると、先代の中村勘九郎さん(お亡くなりになった勘三郎さん)と
坂東八十助さん(現・三津五郎さん)だったりして結構豪華。

とにかくそれ以来なので、いいのか悪いのかわかりませんて状態なので
バレエ以上に素人の戯言、妄言的感想です。

毛抜き
夜勤疲れもあり、かなり寝てしまった。
が、たぶんかなり好みの話だと思われる。
髪の毛の逆立つ様子、巨大な毛抜が踊る様子、悪役が討ち取られて首がごろーんとか
なんというかツボにはまる描写が多い。
それなのに時間が早いと眠いんだよー。これが最後ならよかったのに…

★勧進帳
初心者にもわかる超有名な勧進帳。
役どころのせいか、菊之助は明晰な声で非常に良い。
海老蔵は好みではないとしか言い様がない。
たぶんわざと声を低めにしているのだろうけれど
そのせいか声がくぐもって聞こえる。
見得の切り方もイメージの中の歌舞伎そのもの。
要はクドイんだ。
歌舞伎を知らない私が言うな!という感じだが、はなにつく。
他の演目で観てみたい。

★魚屋宗五郎
NHKの今はなき番組「コメディお江戸でござる」の最上位互換の人情もの。
そりゃもうたわいのない勧善懲悪、清々しい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。