So-net無料ブログ作成
検索選択

2015/11/13 シュツットガルトバレエ「ロミオとジュリエット」 [ダンス]

クランコ版の「ロミジュリ」。
ボロボロとメンバーが抜けて行った後、生え抜きスターのアリシア・アマトリアンとフリーデマン・フォーゲルの主演で見た。

★キャストは以下(NBSのHPより)
キャピュレット公:ローランド・ダレシオ
キャピュレット夫人:メリンダ・ウィザム
ジュリエット:アリシア・アマトリアン
ティボルト:ロマン・ノヴィツキー
パリス:コンスタンチン・アレン
乳母:ダニエラ・ランゼッティ

モンタギュー公:キリル・コルニロフ
モンタギュー夫人:エレナ・ブシュエヴァ
ロミオ:フリーデマン・フォーゲル
マキューシオ:ダニエル・カマルゴ
ベンヴォーリオ:パブロ・フォン・シュテルネンフェルス

ヴェローナの大公:ルイス・シュティンス
僧ローレンス:ルイス・シュティンス
ロザリンド:アヌーク・ファン・デル・ヴァイデ
ジプシー:アンジェリーナ・ズッカリーニ、森田愛海、ロシオ・アレマン

カーニバルのダンサー:ルドヴィコ・パーチェ、ルイジ・ヤン、パウラ・レゼンデ、
               オスカン・アイク、ロジェ・クワドラド


うーん。クランコ版自体は嫌いではないし、わかりやすいと思う。
ただこちらが主演二人を見慣れてしまっているというところもあって
初々しさがないというか、手あかがついた感があるというか…。

フリーデマンは微妙に調子が悪いのか、ザンレールとかの着地がぴたっと止まらない。
しかしスタイルにも恵まれているし、初々しさはないけれど素敵なロミオではあった。

アマトリアンはとにかく痩せているので、子供みたいに見える。
ジュリエットというよりはかなり子供。
でも軽いせいか二人で組むことが多いせいか、クランコ版のリフト多用な振り付けも流れが途切れることがなくスムーズだった。

ティボルトのノヴィツキーは、もう少し悪っぽい演技でもいいかも。
クランコ版は、ロミオとマキューシオ、ベンヴォーリオと3人仲良しで、一緒に踊るシーンもあるのだが、余り一体感は感じず。

なんていうのか、全体的に以前見たときより薄味になってしまった感がある。

特にキャピュレット夫人は、以前見たときはマリシア・ハイデという贅沢配役だったので
今回の方は申し訳ないけれど不満あり。
ティボルトが死んで嘆くシーンが、とってつけたような手順となっていて、髪を振り乱すのも着衣が乱れるのも「まずは髪」「はい、次は衣類」という感じで本当に興ざめ。
お化粧もおじさんぽくて、遠目には違和感がかなりあった。

そしてなんといっても、今日のオケは本当にひどかった!
ここぞというところで必ず外すし、よろよろ〜としていて悲しくなってしまった。
ああもよろよろだとテープのほうがましとすら思えてしまう…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。