So-net無料ブログ作成
検索選択

2015/10/24 マリー・シュイナール「春の祭典」「アンリ・ミショーのムーヴマン」 [ダンス]

image.jpg
次週のデボラ・コルカーが見たくて、バットシェバの帰りにチケットカウンターい寄ったら、まだセット券があるという。
なのでつい買ってしまったのだ。「春の祭典」だし、いいかなーと思って。

「春の祭典」は、不思議な演目だった。
最初に上半身裸で黒い透け感のあるブルマー姿の女性がソロで踊る。
でも横向き多用で、激しい踊りでもないので
なんだか「牧神の午後」を観ている気分になった。
暗い舞台上でライトによって明るく白く照らされる肉体と黒いブルマー。
おまけにヘアスタイルは何箇所かで小さくお団子にしているので角みたいなのだ。
かなり前方の席で観たので、音楽ものたーっと聴こえていたし
「春の祭典」て感じは弱かった。
上半身裸を観た時には、プレルジョカージュ並みの暴力的演出ならどうしようかと思ったけれど杞憂。

総勢9名だったと思うのだが、入れ替わり立ち替わり踊る。
女性はみんなミニお団子なヘアスタイル。
男性で1人獅子舞的に髪を振り乱して踊るシーンがあったけれおど、その後は一つに纏めていたと思う。
で、ああこれは人間の春の祭典ではなく、動物的な何かの春の祭典なんだなーと気づく。
途中、チラシにも使われている長い爪のようなものを付けて踊るシーンもあるのだが、
カニのようなバルタン星人のよう感じでV字に開いて一列になって踊ったりと
ユーモラスなシーンもある。
でも好みかと言われたら、好みではなかった。

2015/10/4 バットシェバ舞踊団「デカダンス」 [ダンス]





劇場までの所要時間を間違えて、なんと15分も遅れて到着してしまった…
一生の不覚すぎる……

というわけで中に入ると
「休憩時間がなく、演出上の都合によりチケット座席にお座りいただけません」と説明があった。
そして「対応席もなくなりましたので立ち見でお願いします」と……
なんと!立ち見とな!
遅れたのは自分が悪いのだが、本当に着席タイミングはないのか?

で立ち見をしていたけれど、数列前の通路側に空席があったので
タイミングを見計らってそこへ移動。
しかしセンター横のブロックなのだが、もうまったく見づらい!
前の男性がそう大きくない人なのだが、段差が少ないのでかなり舞台にかぶってしまうのだ。
これはつらい。

すると途中でダンサーが客席に降りて、客席からピックアップしていくというシーンがあった。
場内の照明も明るくなるし、ざわざわした雰囲気になったので
さらに数列前のセンターブロック通路側の席に移動してしまった。
センターブロックは千鳥配置なので見易い。
なんだサブブロックも千鳥配置にしなかったのだろう?

で、ここから漸く落ち着いて観られた。
半分くらいしかじっくり観られなかったけれど、本当に面白かったので
大分公演への遠征を本気で考えてしまった。
しかしシフト変更がどうやってもうまくできず、断念。
海外公演に遠征、と思ったけれどこちらも近場でなくて断念。
悔しい!
というわけで、公演内容について、半分近く観ていない私が語るのもおこがましいので感想はこれくらい。
でも本当に面白かったんだよ!

2015/7/28 「兵士の物語」ソワレ [ダンス]

入り口に「U-25」窓口ができていた。
いくらで販売しているのか分からないけれど、そのおかげかそれなりに埋まっている。
で本日は唯一プレゼント付きのチケット
ぴあから何やらメールが来て「グッズ付きチケット販売」とあったのだ。
すでに定価で3枚購入していたし、これ以上は日程的にも無理だわーなんて思いつつ
サイトを覗いてみたら、最前列があったのでつい購入してしまったのだ。
恐ろしい…
で、グッズは「どうせバッグだろ?」と考えていたら、なんと斜め上のフェイスタオルだったorz
そうだね、バッグはパルコカード勧誘でばかすか配っているものね…

1日お休みしての本日。
すっかり忘れていたけれど、日曜の公演でバイオリンが折れたんだよね。
ラストのほうの悪魔との対決時だったので、観ていて「あれ?こういう演出だったっけ?」と納得してしまっていた。
が、これアクシデントだったみたい。
本日の公演で、アダムがリュックからバイオリンを取り出すと
いきなりぶらーんと壊れている状態。弦も切れてるし(笑)
焦って直すアダム。それを無言で覗き込むサム。
というわけで無音状態が続いたけれど、アダムが適当に諦めて
壊れた辺りを握りしめて続行していた。
で、王女登場の辺りでやっぱり壊れてしまって、さすがに話の展開に問題が出るので
すすっとアダムが脇に入って、新しいバイオリンを持って出てきた。
アダムが踊りに戻った時には、サムが壊れたバイオリンをささっと机の下にしまった。

しかし今回のトラブルを見ると、小道具が壊れたことにスタッフは気づかないものなのかなぁ。
そしてサムだとまだまだアクシデントに上手く対応できないってこと。
無言になるのではなく、何か適当にアダムをいじれればよかったのだけどね。

土日に見た時より、全体的にはさらに良くなっているので
千秋楽辺りはもっと見応えがあるのでは?
私は観られないので残念なり。

2015/7/26 「兵士の物語」マチネ [ダンス]

マチネというか、本日は1公演のみの上演。
しかしとんでもなく暑かった。
なるべく地下道を歩いていたし、午前中は映画館で涼んでいたんだけれど
暑さに弱いので、寒いくらいの東京芸術劇場は「天国のようだ!」と思っていた。
が、これが災いして、たぶん半分くらい寝てしまった……orz

というわけで感想なし。

あ、舞台上にいるお客は2009より少なくて、総数8名。
そして前回はいかにもモデル崩れ的な事務所所属風の人ばかりだったけれど
今回は普通のお客ぽかった。親子(50代か40代母親と22歳前後の娘)や50代夫婦など。
あのお客達はどういう経緯であそこに座っているのか?
でも自分はあそこに座りたくはないな。椅子が固そうだし、気が抜けなさそうだからね。

2015/7/25 「兵士の物語」ソワレ [ダンス]

2009年から6年ぶりにロイヤル・オペラハウス版ウィル・タケット演出の「兵士の物語」が帰ってきた。
とはいえ本国での上演はなく、日本だけの上演でキャストもアダム・クーパー以外一新。
ロイヤル・バレエのラウラ・モレーラとアレクサンダー・キャンベル、
New Adventuresのサム・アーチャーという4人組。
当初はサムが悪魔、アレクサンダーがストーリーテラーとして発表されていたけれど
いつの間にかサムがストリーテラー、アレクサンダーが悪魔に変わっていた。

2009の時は、大阪の今はなき厚生年金会館で観た。
今回は前回より舞台が少し小さめなのかなぁ?
舞台下手にある恋人&王女の支度部屋が少し奥まっていて、結構見切れるのではないかなーと思う。
もちろん上手奥も本当に奥になっている。
ただオケピの手前に橋があるので、かなり舞台が近い。

まず驚いたのは、サムの声。
とても良い感じの声で、聞き取りやすく、ダンサーとは思えない。
でも確か以前に見た紹介文で「We Will Rock You」の舞台出演があったような気がするから
今はダンサーメインだけど、それなりに舞台用発声も勉強していて対応可能なのかもしれない。
ただウィル・ケンプほどの軽さがない。
もう少し軽く、緩く演じてもいいような気がする。
ま、悪く言えば硬いんだよね。真面目ともいうけど。

アダムは「雨に唄えば」の時より若干痩せた感じがする。
踊りその他も不満なし。

ラウラ・モレーラは衣装がイマイチ。
恋人の時はスカーフできっちり頭を覆ってしまうので、意外と頭でっかちに見える。
袖丈もぴったりした五分袖なので、どちらかというと腕が短く見えてしまう。
王女の時は盛りめな金髪のカツラなので、やはり頭が大きく見える。
「ロイヤル エレガンスの夕べ」あたりの印象では、スタイル悪くは感じなかったから
本当に衣装だけの問題なんだと思う。
踊りも演技もいいし、声が可愛らしくて王女に合っている。
でもストーリーテラーの王と並んだとき、ラウラは小さいので普通に可愛い王女なんだよね。
初演のゼナイダ・ヤノウスキーだと、王女の方が王より大きくて
それなのに王に甘える感じだとかがアンバランスで面白かったのだけど
ラウラだとそういうアンバランスさはない。
そうそう、そのアンバランスさがゼナイダのエキセントリック演技に拍車をかけていたんだ。
というわけで王女のエキセントリックさも薄い。
そういう意味でも今回は、ブラックユーモア感が薄くなって
割とオーソドックスな民話的「兵士の物語」になっていると思う。

さ、後3回観に行くけれど、なんとリピーター券が半額で売られていた!
ええー。いくら良い席はないとはいっても、安くしすぎでしょ?
2階席も封鎖していたみたいだし、1階席後方もスカスカだった。
それなら学生券を出せばよかったのに。

定価でチケを事前に買っている身としては、後から後からプレゼント付きや
バックステージツアー付きというようなおまけ付きチケットが販売されるのは
本当に本当に腹立たしい。
でも学生券ならば、今後の観客を育てるためにも納得できる。
割引販売について本当に再考して欲しいのだが、今回はアンケート用紙がない。
確信犯だな。

そういえば今回の「兵士の物語」はWOWOWでの放送はないとのことだった。
それなら以前のものを再放送してくれないかなー。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。