So-net無料ブログ作成
検索選択
お買い物 ブログトップ
前の10件 | -

円高なので海外通販 [お買い物]

最近また海外通販している。
円高だからね〜

でも購入したのはほとんど本。
1)Roberto BolleのDVD付き写真集
2)Bruce WeberのRoberto Bolleの写真集とAvenueQのCD
3)自転車ロードレース関係の写真集&グローブ

1)はRoberto Bolle公式HPでサイン入りのものを売っていたので
早速申し込み。
以前も写真集を申し込んだことがあるので、イタリア語だけど特に問題なし。
ブロック体で手書きの宛名でやってくるところが、結構珍しい。

2)はアメリカアマゾン。
写真集はセールになっているし、円高だしでとっても安い!
まだ持っていない人は絶対今買うのがいいと思う。

3)は今回初のイギリスのRapha。
ここのは、色合いも素敵だしオシャレなんだよね~
小径車しか乗らないけれど、見ているといろいろ欲しくなってしまう。
でも日本で取り扱っているお店が少ないから、サイズ感が心配。
以前ジャパンカップのときに、渋谷のポール・スミスでRapha祭りをしていて
その際に小ぶりのメッセンジャーバッグMusetteを購入した。
8000円くらいでとってもお得、しかも使いやすい!

今回は、とりあえず写真集2冊とグローブを買ってみた。
写真集は、Rouleurマガジンの2009Anuualがセールになっていたので、まずこれ。
DSC02773_edited-1.jpg
2010は定価だったので、また今度にする。(←ケチ)

そして本命の「The Peloton」。
DSC02772_edited-1.jpg
こちらはTimm Kölln(ティム・コルン)氏撮影の写真集。
レース直後の様々な選手のモノクロポートレートオンリーとなっている。
しかし面白いなー。
疲労困憊の選手もいれば、なんだか余裕な笑っちゃってる選手もいるし
スタジオのモデル撮影みたいな小綺麗な選手もいる。
DSC02771_edited-1.jpg

しかしこの2冊で重さ3kg近く。驚きの重さである。

グローブはRaphaとポール・スミスコラボの黒い革のグローブ。
DSC02768.jpg
DSC02770.jpg
その名も「Town Gloves」、$185が$140にセール中!
自転車用に手のひら側が厚めになっている。
そして手の甲側にドピンクと紫の面ファスナーがついていて
そこで調節が可能なタイプ。

これが結構バクチだった。

グローブは男女兼用でXS~XXLまである。
一応目安サイズが書いてあるけれど…

というのも私は指が長いのである。
お肉もついていて、丸々としている指ではあるけれど
間違いなく長い。
サイズを上げると指部分も長くなるけれど、手の甲もかぱかぱしてしまう。
というわけで、婦人用22cmサイズが限度。

が、通常の22cmサイズでは特に親指の長さが足りず、大きな水かきが出来てしまう。
ヒドイ場合は、1cm以上の水かきになってしまうのだ。
もちろん他の指にも水かきがある。
この状態ではあっという間に手袋が傷んで、駄目になる。

今まで国内で販売している革手袋で、一番ぴったり合ったものは
婦人用22cmの超指長タイプだった。「超」って(笑)
ただこれも1度見かけて購入して以来、二度と見かけない。

そんな私は、昔イタリア旅行時に購入した
セルモネータ・グローブス(GiorgioSermoneta)のものを愛用している。
お店で片言のイタリア語と身振り手振りで手袋を見繕ってもらい、
甲がゆるくても指の長さがぴったり合うものを、8セット購入してきた。
が、これが内側がカシミアニットなので、自転車に乗る時にすると
ニットが擦れて穴が開いてしまう。
既に4セットが駄目になってしまった。

自転車によく乗る今、どうしても自転車用のグローブが欲しかったので
Raphaのはニーズにぴったり。しかもセール。

ただしサイズがね~

不安ながら、革は伸びるしということでS(21.5cm)をオーダー。

これが、とってもぴったりだった!
指長い! 親指も他の指も本当にぴったり。
全然水かきができない!

甲は若干緩めだけれど、手首の面ファスナーを締めれば
手首から隙間風が入るようなことはない。
ただ着脱はその分面倒にはなる。

セルモネータと同様にハンドメイドらしいので、同サイズでも品物によって
微妙に指の長さ、甲のサイズ感も変わるはず。

でもこうまで指の長さがぴったりということは、基本的に指長めのサイズ展開なのだろう。
手が小さいと思う女性は、XSでも大きいかもしれない。

ただ、返品、サイズ交換については
2011.1現在、直接イギリスとのやりとりではなく、日本のRaphaに送付する方式なので
英語に難ある人(私だ!)でも安心。

自転車通勤に少しおしゃれで丈夫な手袋が欲しいなーと思っている人!
試してみてはいかが?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

ゾーヴァさんのジクレー版画が届いた [お買い物]

6/21に購入したミヒャエル・ゾーヴァさんのジクレー版画が届いた。
もうすっかり忘れちゃっていたので、ちょっと驚いた(笑)

こちら。
20091017_sowa_01.JPG

正直、ナンバー入りだろうとなんだろうと
少し高かったと思う。
額も少し安い感じ。(「○○アルバム」みたいな箱に梱包されていたので、元は写真用?)

アクリル板をはずして撮影。
20091017_sowa_03.JPG
当たり前だけど少しのっぺりした感じ。

アップ。
20091017_sowa_02.JPG
光が入った状態で撮影すると、いかにも印刷(プリンタ出力)な凹凸が見える。
色々検索してみたところ、
「ジクレー版画=インク吹きつけプリンター出力(インクジェット出力)」とのこと。
やっぱりか…
ただし「一般用よりかなり微細な出力と豊富な色数があり、オフセット印刷より綺麗」。
うーん。

結論。
1)ゾーヴァさんのイラスト自体には不満はもちろんない
2)ジクレー版画、小さいサイズであれば、買う必要なし

よほど微妙な色合いのものでなければ、原画のサイズが小さい場合は
ポストカードでもそこまで変わらないと思う。
もちろんポストカードでは細部は再現されていないだろうけど
アクリル板を通してみたときに、そこまでわからない。
原画が大きいものであれば、より綺麗な印刷のほうがよいだろう。

今回の「クマの名前は日曜日」は、原画がそれほど大きくないので
正直ポストカードを飾っていても、変わりなかったかも。

ただ、「箱舟」シリーズのような全体が暗い色調のものは
もしかするとポストカードや普通のポスターとジクレー版画を比べてみると
歴然と差が現れるかもしれない。

ま、勉強したってことですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年末年始にお買い物 [お買い物]

年末に、もうすぐセールだというのにブーツを買ってしまった。
どうしても以前みかけたブーツが忘れられなかったのだ。
というわけで、電話して配送してもらった。
それはこちら、トリッペンtrippenのPILLOW、グレーブラウン。
20090107_02_trippen_01.JPG

その時に「セールはいつから? 何が 出ますか?」とついでに尋ねてみた。
「初売りからで、何が出るかはわからない」との返事。
もう1足気になっている靴があったけど、どうしようかなー。
「本当はダメなんですけど、セールまでお取り置きしますよ」との超優しい言葉に
ほだされかけたけど、ぐっと我慢。とりあえず定価で1足のみ購入した。

というのも、ここのお店、プロパーでは店頭に並んでいなかった靴も
セールになると並んでいたりするから、直接セール時に確認したほうがいいのだ。

で、年明けに行ってみた。
すると、悩んでいたもう1足がセールに出ている。
やっぱり迷うなぁ…

ん? こ、これは!!!!!
その横にはwebで見かけてずーーーーーーっと悩んでいた靴が!
それは、同じくtrippenのSTARのグリーン。
おおお! って、webで見るよりグリーンが明るい。(キャリブレーションのせい?)
ううむ。色がちょっと…
と思って靴を手にとって見ると、値札タグに『現品のみ、色違い(茶)のみ37、38』の文字が。
なぬ? そもそもグリーンはサイズ36で、私には無理なサイズ。
茶色ならピッタリ!
というわけで、鼻息荒く(笑)、茶色を出してもらう。

か、かわいいじゃないか…

というわけで、迷っていた1足はあっさり諦めて、こちらのSTARの茶色を購入。
20090107_03_trippen_02.JPG
しかし、最初からこのヤレ具合(笑)
履きなれたときにはどんな状態になっちゃうのか不安もあり。


そして、靴のあとはタイツ。またか!って感じだけど、好きだから(笑)
前回買って気に入った、フォーガルのタイツの色違いを購入。
グレーとブルーの2色展開でした。ちなみにブルーは「jeans」という色。
品番は572、タイツ名はVERBIER。(画像左)
20090107_01_hosiery.JPG
昨年のリブ入りネップツイードタイツが半額になっていたらしいけど、早々に売り切れて
見本しか残っていなかったのが、残念。ちょっと出足遅かったからなぁ。

他には、プライベートブランドもののタイツを購入。
右側のものがそれ。
細めのリブで、ウール、カシミア混のもので、メランジグリーン。
グリーン1色ではなく、茶やグレー系などがミックスされたものだから、変に浮かない色になってる。
グリーン系は、気をつけないと「カエル(笑)」と言われたりするからね。

で、画像はないけれど、同じくプライベートブランドもので
もっと厚手のリブタイツ(こちらもグリーンを購入)とグレーのリブのレッグウォーマーも購入。
なんだかグリーンが多くなったけど、ま、いいか。

他にもセールでスタディオファイブのブラ&ショーツやら、
キッドブルーでひざ掛け、ババシャツなどを購入。

それにしても2008年の秋冬物を振り返ってみると
昔に比べたら、全然服を買わなくなったなぁとしみじみ思う。

秋冬で購入した服って、
 ・ensuiteでAラインのキャメルハーフコート
 ・KEITA MARUYAMAでベージュの刺繍入りカーディガン
 ・ZARAで黒のタイトスカート(これは激安の4000円で超使いやすい!)
 ・H&Mで黒のタイトスカート&ボーダーニット
 ・GAPで紫のニットジャージのチュニックワンピース
くらいかも…。

とにかく「気分はカジュアル」なので、年相応な大人な服には惹かれない。
なので、つい履きやすいし、trippenの靴に惹かれるんだよなぁ。
少しは靴を整理しないといけないな…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ちょっとヒマだったので色々と… [お買い物]

バレエ前に少し時間ができてしまう。
映画には短いし、となるとつい足が向くのはいつもの場所、新宿伊勢丹(笑)

というわけで今回購入したのはこちら。
フォーガルfogalのネップツィードタイツ。
グレー系と確か茶系があったが、私が購入したのはグレー系。
20081210_fogal.JPG
結構厚手で子供タイツみたいな質感なんだけど、そこに赤青黄などのネップが出ている。
ネップは小さめなので、意外と目立たないし
色も控えめな抑え目な色で、大人っぽく仕上がっている。
凄く似たようなものが無印良品にあったけれど、あちらはネップが結構大きいし
もちろん肌触りなども違う。ネップの色もはっきりしていて
フォーガルに比べると、明らかにカジュアル感が強い。(何しろ値段が4倍くらい差がある…)
品番は外装を捨てちゃったので不明。
でも7000円以上しているものって少ないので、それを頼りにもう1色も配送を頼んでみようかな。


もう一つはこちら。ペンハリガンPenhaligon'sの香水のラヴァンデュラLAVANDULA。
20081210_penhaligons.JPG
旅行に出るときには、必ず香水を持って出かける。
泊まる時にうまく禁煙の部屋にチェックインできないときもあるから
そんなときはお気に入りの香水の香りをティッシュやコットンに含ませて
部屋に漂わせることにしている。(サンタマリアノヴェッラのアルメニアペーパーはイマイチ効果が薄い)
しかし、今回は香水を忘れてしまったのだ。
というわけで急遽購入したのだが、うっとりする香り。
普段使いはセルジュ・ルタンスのクレール・ドゥ・ムスクなので、
あまり「フローラル」な感じはない。
けれどこちらは、名前のまま『ラヴェンダー』。
少し郷愁を誘う、柔らかい香り。
本当にうっとりだわ~


ついでにランコムで話題の電動マスカラのオシィラシオンを購入。
(こちらは画像なし)
梅田阪急と新宿伊勢丹のみの発売らしいので、売り切れてるかと思ったら
普通に買えてしまった。
電動で細かく震えるから、たいして腕を動かさなくても綺麗にマスカラがつく、ということらしい。
が、これ、ホテルに到着して試してみたら、あまり電動の威力を感じない。
というか電動なしで塗ってみても、マスカラ液があまり向いていないのかも。
今のところ、自分的No.1マスカラは、やっぱりシャネルのエクセプショナル。
次はメイベリンのボリュームエクスプレスハイパーカールかも。
ま、自分のテクニックの問題もありそうなので、色々付け方を試してみようっと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

シャネルのモスクワコレクシオン [お買い物]

ふと寄ったコスメのシャネルコーナー。
全国の一部店舗(ストゥディオ?)限定発売のモスクワコレクシオンと
リップパレットが新発売とのことで、見せてもらう。
★レーヴル ドゥスール リップ パレット
こちらはパレットになっていて、3色並んでいる。
20081206_chanel_01.JPG
上から白いのがゴマージュ、真ん中のピンクがリップバーム。
一番下のピンクラメがリップグロス。

ゴマージュをとって唇にくるくるしてみると、少しツブ感を感じるくらい。
それを化粧水などで湿らせたコットンでふき取ると
一段明るくなっているような気がする。

リップバームはやわらかくて伸びがよい。
とってもいい感じのテクスチャーなので、これだけ単品で欲しいくらい。

グロスもやわらかめ。でもこちらはほとんど発色せず、ツヤのみに近い。
シャネルには単品グロスが各種、各色あることを考えると
とりあえずパレットに入れました、的なさほど仕事をするようなグロスではないみたい。

それでもゴマージュとバームがいいので2個買い。
これが限定なんてもったいないなぁ。


★シャネル ヴェルニ モスクワコレクシオン
モスクワで行われたファッションショーにちなんで作成された3本とのこと。
これを日常使いできるとは思わないのだけど、見た目の色が綺麗。
20081206_chanel_02.JPG
左から
「OR DE RUSSIE(ロシアの金) 327」
「FEU DE RUSSIE(ロシアの火) 347」
「NUIT DE RUSSIE(ロシアの夜) 357」
の3色。番号からすると「337」があっても良さそうなんだけど、この3色のみらしい。
それぞれ墨黒をベースに、ゴールドのラメ、赤いラメ、ブルーのラメが入ってる。
見た目は本当に綺麗なんだけど、塗ってみるとびっくりするくらいドス黒い…
手に塗るにはインパクトありすぎなので、ペディキュア専用かなぁ。

でも、とにかく色が綺麗。
なんといっても見た目、ボリショイの舞台を思い起こさせる色なので
ついこちらも各色2個買い。

さらにもう1セット購入して、この時期のみの特別包装をしてもらって
某ダンサーへのプレゼントにすることにした。
今年の特別包装は、白地に金色の縁取りでクールかつゴージャス。
(これは写真撮り忘れたので、なし。)
箱代は別になっているけれど、素敵だからいいか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

aravonのコンフォートシューズ [お買い物]

トングを履いて大阪に帰ろうとしていたのだが
ふと、新幹線内は冷えるということを思い出す。
ソックスを購入してもいいけれど、トングだしなぁ。

というわけでまた伊勢丹に寄ってみる。
最終セールの真っ最中。

そこで目を惹かれたのは、aravonのコンフォートシューズ。
aravonは、ニューバランスが出しているコンフォートシューズのブランドで
他のコンフォートシューズブランドに較べると若干デザインが若い。
でも逆に言うとそこがネックで、後ろから見たときにスニーカー風のデザインが多く
結構カジュアル寄りすぎて、今までは手にとって見ても
購入せずに終わることが多かった。

でも今回はセールでなんと1万500円。
それなら失敗してもいいかなーという気になる。

試しに履いてみてびっくり!
中敷が凄く気持ちがいいのだ!!!
硬すぎず、柔らか過ぎず、ふわっと沈むような感じ。
肌に当たる部分の素材も起毛素材で凄く肌触りがいい。
(その分、夏に裸足で履くと汗をかきやすそうだけれど)

全体としてとても軽い。
でも靴底は、土踏まず部分は少し上げてあり、かかと付近はイボイボ。
つま先部分も何やらスニーカー風に機能性ありっぽくなっている。

色はシルバーを選択。
靴底もグレー基調なのだが、部分的にパープルが使われていて
なかなか素敵。
20080807_aravon.JPG

うぉ~!
こんなに気持ちいいなら、もっと前に買えばよかった!

たとえば以前購入したアシックスのGIROシリーズ。
GIROは少し細身なので、aravonに比べると少しスマートな雰囲気。
でもその分機能性は薄い感じもした。
こちらは結構横幅があり、足先が楽。

その日の服の雰囲気にもよって履き分ければいいかも。

aravonはスカートには合わせづらい気がするけれど
デニムやカプリなどのカジュアルパンツ系にはぴったりすぎる。

うーむ。他にも欲しくなってしまったなー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

セール! セール! セール! [お買い物]

というわけで、セールです。
引越しして初めてのセール。
どんなお店を回ろうか、とか考えるところなのでしょうけど
最近あまり「服が欲しいっ!」という気持ちになれず。
たぶん引越をしてみて、服の多さにうんざりし、しかも着ていなかったりするので
さらにうんざりしてしまった、というのが原因ではないかと思われる。
バカみたいに服を買っていた頃が懐かしい…

が、かといってまったく服を買っていなかったわけでもなく
引越前にはスカートを2着買っているし、恐ろしいことにGAPでチノパンとTシャツ6枚くらいを買っている。
でもね~GAPの服って「服を買った」というよりも「生活必需品を買った」って意識なので
ワードローブが増えたとか、コーディネートを考えないと、といった
服を買う行為につきもののワクワク感がない。

というわけで、今回のセールでは、服には気が行かず
ひたすら下着に目が行ってしまった。
セールなのでちょっと派手かもと思われるようなものも思い切って買える。
結果、サルートのアフェット(ゼブラ柄)のセット、スタディオファイブの2006SSのマルシェのセットを
イエローとピンクの2セット、さらにキッドブルーでキャミとショーツのセットを5セット購入。
買いすぎだろ、自分…

引越の際に手伝ってもらった母親にも、下着の山は見せられなかった。
仰天されるのは確実だから。
1ヶ月は余裕で使い捨てできる状態なのに、さらに増やしてどうする…


が、本命はこちら。
靴。
もうこればっかりはどうにもならない。
母親は本当に呆れていた。靴の箱の総数70ほど。
なのにセールで、見つけてしまった。心トキメク靴を…

それはこちら。
0133.JPG
trippenのPRETTY。鹿革で本当に柔らかい。


もう一つはこちら。
0132.JPG
同じくtrippenのCOIL。薄いグレーが夏らしく、しかもかかとがホールドされるので
本当に履きやすい。個人的には、ベン・ハーシューズと呼びたい。


両方とも3割弱の割引率で、実は「安い!」というわけではない。
しかしどうしてもどちらかを選ぶことはできず、両方購入してしまったのだ…
うーむ。しまう場所がない。
どうにかしなけければ…

それに最近お世話になることが多いtrippen、最初に購入したGIRLY以外
セールでしか購入していないことに気づいた。
たまにはきちんと定価購入して恩返ししないといけないなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

久しぶりに海外通販! [お買い物]

円高になってきた今、海外通販のチャンス到来!
というわけで、GWにネット徘徊していたところ、日本向けにGWセールをしているHPがあった。
ふむふむと見てみると、激安!!!

というわけで早速購入したのは、こちらの2点。

まずはBALENCIAGA(バレンシアガ)のいわゆるリトルブラックドレス。
0111.jpg
ジャージー素材で着易いし、ラインも綺麗。
襟ぐりについているシフォンがアクセントになって、いい感じ。
こちら、定価は15万強なのだが、セールで3.3万円。
サイズがあわなくったって、とりあえず購入してお直しに出せばいいと思うくらい。
実際はぴったりサイズで、直す必要もなく超ラッキー。

お次はPHILOSOPHY DI ALBERTA FERRETTI(フィロソフィ・ディ・アルベルタ・フェレッティ)の
デニムスカート。これ日本に入っていたのかなぁ?
0110.JPG
セールだから少し前のデザインだと思うけど、見かけた記憶はない。
少しダメージ加工のあるデニムに、同じデニムで花の刺繍というかアップリケというか。
とにかく手がこんでいる。
これで、なんと6000円ちょっと。これは買いでしょう!

しかし、両サイドがファスナーというデザインなので、網ストッキングにひっかけそうで少しビクビク。
片方は上下からファスナーが開くようになっている。
スリット代わりにあければいいのかな? と思って少し開けて動いてみたところ
「じゃー」という音とともに全てがさらけ出されてしまった…
こちらのファスナーは少しでも開けていると、一気に全部開いてしまう(笑)
もう一方のファスナーは下からのみ開けられるもので
こちらがスリット代わりになる模様。
それにしても危ないな…
何かに引っ掛けても、ファスナーが緩まないように対策をとらねば。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

銘仙尽くしにしてみた [お買い物]

ふとブックカバーが欲しくなり、近所のお店へ寄ってみた。
こちらのお店では、古い銘仙をリメイクして小物を作ってくれる。
もちろん出来上がったものも販売している。

今回欲しかったのは新書サイズのカバー。
コットン製で手作りしたりしているけれど、銘仙みたいなツルっとした生地は
ミシン縫いに少し気を使う必要があるので、ちょっと面倒。
なので出来合いのものを買おうかと思ったのだ。

しかし行ってみると新書サイズが店頭にない。
「お好きな銘仙生地で作りますよ」ということなので
あれでもない、これでもないと銘仙を広げさせてもらう。

あまり可愛らしい感じも嫌なので、少し幾何学的な柄から選んでみる。
ぐふ。出来上がりが楽しみ♪

で、色々見ているとスカートも作ってくれるという。
これは頼まなくては!

スカートとなると大柄な生地の方が楽しいよなぁと、ブックカバーとは違う視点で選ぶことになる。
適当にピックアップしているとお店の方が
「他にもあるので、ご希望の色があれば…」とおっしゃってくださった。
ならばと「緑系」を希望してみたけれど、やっぱり緑系ってあまりない…

代わりに何点か、まだ着物状態で洗い張りもしていないものも見せていただいた。
うーん…悩ましい…

他のお客様と一緒にあれこれ当ててみて、3つ生地を選んでみた。
①オフホワイト地に黒で割りと細かく幾何学的な柄が入ったもの。
 ところどころにピンクやブルーが入っていて、少しタイル風?
②ザ・銘仙!というような紫地に楕円のような△のような絣っぽい柄がはいったもの
③黒地に焦げ茶と紫で大き目のどんぐり柄。こちらのみ新しく織られた反物で新品

さて、どうしよう。
①の柄は、着物として仕立ててある状態なのだけど、何がおしゃれって
裏地に目の覚めるような黄緑色を使っているところ!
どんな人が着ていたのだろう? とにかくおしゃれで、わくわくする。
②はオレンジやら緑、黄色といろんな色が使われていて、結構派手。
トップスに白いTシャツを着ると、夏にいいかも。
③は今からの季節にはちょっとどうかと思うけれど、大き目のどんぐりが愛らしい。

うーむ。
悩みに悩んで、①でスカートをお願いすることにした。
②も捨てがたいけど、もしかしたらまた出会えそうな感じの柄だからね…

そして、どうにもあきらめ切れない③のどんぐりは
別にバッグをオーダー!

おおー! これで銘仙尽くし。

オーダーを完了して、気分は最高にワクワク。
というわけで浮かれた気分で、もうひとつバッグを購入してしまった。
こちらは出来上がっているものなんだけど、派手な迷彩柄風の銘仙。
デニムに合わせるのにぴったりだと思うんだよね。
20080312_kokon_bag1.JPG

さて、ブックカバー、スカート、バッグの全然違う柄の銘仙3点、早く出来上がらないかなー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

シャネルの新色を今更ながら… [お買い物]

なにやらネットでシャネルの新色マスカラの評判が良い。
すっかり出遅れてしまったのだが、なんと大丸東京店で発見!
他では売切れていたのに、穴場なのね…
その時は限定色のマスカラのみ購入したのだけど、他の色も気になる。

というわけでいつものお店へ。
で、色々見ていたら結局購入。

欲しかった紺色のヴェルニは入荷待ち。限定色じゃないから、ま、いいか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の10件 | - お買い物 ブログトップ