So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「裸足の季節」 [映画]


裸足の季節 [Blu-ray]

裸足の季節 [Blu-ray]



かなりモヤモヤ。

※※ネタバレあり!※※

モヤモヤポイントは2つ。
冒頭の5人姉妹が遊んでいるシーンが、自分には奔放に見えてしまったこと。
それとおじさんが性的虐待することによって絶対悪になってしまったこと。
これがすっきりしない。

1点目は自分の認識の在りようについて堂々めぐりの思考になる。
本当に彼女たちは奔放なのか、それともそれは「ミニスカートはいてるから痴漢に遭う」類の偏見なのか?
あのシーンが単に砂浜で騎馬戦しているだけなら、そこまで奔放とは思わなかっただろう。
でも海に入って服もずぶ濡れで身体のラインがはっきり出てしまっていると、うーむ。
3才児、5才児くらいまでなら許されるかもしれないけれどなぁ。
(でも姉妹のおばあちゃん的には騎馬戦自体がアウトだったみたいだけど)

ただイスラム教圏だと考えると、いくら戒律が緩めのトルコでも
映画の舞台は田舎のようだしいずれにしてもアウトかと思われる。
それをどちらかというと西欧視点で、今どきナンセンスだと切り捨てるのも違う気がする。
で認識の揺らぎを思考させてくるのに、おじさんが絶対悪になってしまうと
その思考は脇に置きざりにされる気がするのだ。
問いかけて置いて梯子を外された感じがモヤモヤする。

しかし5人姉妹とはいえ全然正確が違うというところは面白い。
長女は西欧的美人で彼氏もいるし、処女ではあるけれど類似行為を彼氏としていると告白している。
そしてお見合いもはねのけてちゃんと彼氏と結婚してそれなりに幸せそうに収まっている。

次女は多分濃い目の顔立ちでこれまた違う視点で見れば美人。
長女ほど発展家でもなく、たぶんそこまで将来について考えていなくて
ぼんやりと言われるがまま結婚してしまう。
ただ噂がたった姉妹ということで、初夜にはシーツを点検されるし、
証がないということで初夜なのに病院に連れて行かれて、処女検査されてしまう。
結婚したばかりの少女だというのに、もういきなり人生に疲れた顔をしている。

三女は一番美人だと思う。でもそのせいかおじさんからの虐待にあってしまう。
それなのに相変わらず結婚を薦められ、お見合いさせられる。
その欺瞞に耐えられなくなり、徐々に眼から光が失われ、ついには自殺してしまう。
せめて虐待さえなければ……

四女と五女はまだ結構子供で元気いっぱい。
ただし五女のラーレほうが敏いし、度胸もある。ま、主人公だからね。
勝手に家を抜けだしたり、道行く配達トラックの運転手ヤシンと仲良くなって
車の運転を教えてもらったりもする。
おじさんの性的虐待になんとなく気づくのも五女のラーレ。
色々モヤモヤする映画なんだけれど、ラーレの笑顔に救われる。

同じような5姉妹の映画とはいえ、ヴァージンスーサイズとは似て非なる映画だった。

ところで運転手のヤシンは良い。
ただの優しい通りすがりではなく、彼もまた虐げられている人だという描写にぐっときた。
ラーレが助けてもらおうとヤシンが配達しているお店?に電話をかけるのだけど
「ヤシン!長髪の!」というとお店の人には「ゲイはいないっ!」とガチャ切りされてしまうのだ。
ヤシンが実際にゲイかどうかはわからない。
ただ長髪ということだけで、ゲイというレッテルを貼られるくらいだから
些細な事で苦労しているのだろう。
そんなヤシンがラーレに運転を教えるシーンは本当に心温まる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「若者のすべて」 [映画]





デジタル完全修復版」ですよ、「完全」ですよ!
一部オリジナル・フィルムからの復元ということで、削除されたシーンが追加されているとか。
以前のバージョンを見てから行ったわけではないので、どこか増えているのかわからず。

それにしてもアラン・ドロン演じるロッコ、本当に美しい!
内気で繊細な表情も、兄シモーネを助けるためにボクシングで生きていこうと決心する表情もとにかく美しい!
これの前が「太陽がいっぱい」のギラギラしたリプレーなので、演技力あるなぁと改めて思う。

5人兄弟+母親の物語だけれども、これがなかなか辛い。
長男のヴィンチェンツォオは兵役によって、故郷&母親から逃れられてミラノで婚約もしてほっとしていたのに、結局は母親に捕まってしまう。
母親からのプレッシャーから逃れるために事なかれ主義的になってしまったのもむべなるかな、という感じ。
とはいえ結婚して独立できたので、まだ幸せか?

次男のシモーネはまぁクズですな。劇中でも何回か「人間のクズ」と言われているけれどその通り。
でも無学で田舎者で何も知らずに都会に来て、野心が空回りしてという境遇を考えると少し哀れにはなる。

三男のロッコは、ある意味少し足りないかわいそうな人でもある。
彼には「許すこと」しかできない。大抵の場合はそれは「善」なのだけど、そうでもない場合に悲劇となる。
シモーネとロッコは表裏一体のような感じなのだ。
たぶん年も近くて仲が良いのでそうなってしまったのかなーと思わせる。

四男のチーロは堅実。上3人を見ているせいか、ミラノできちんを根を張ろうと努力し実を結ぶ。
五男のルーカはまだまだ子供だけど、チーロが側にいればまっとうに育つかなぁ。

しかしやはりイタリアのマンマは凄い。
彼女が台風の目。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「ゴーストバスターズ」2D [映画]

やっと字幕版!
これだよ、これ!
確かに字幕だと吹替より言葉が少なくてロスってる感じはあるけれど、ストレスなさはこちら。
2Dだとゴーストが枠外に飛び出すことはないけれど、それくらいの違いであればそこまで3Dに拘る必要ないかも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「スローなブギにしてくれ」 [映画]

角川祭の個人的ラスト。
本当は「復活の日」か「金田一耕助の冒険」が観たかったのだけど、どうしても日程が合わなかったのでこちらになった。

角川映画、流行りもの、といったイメージから想像していた薄っぺらさはまるでなく、大人向けで面白かった。
藤田敏八監督作なのだから当たり前か。
浅野温子のあどけない可愛らしさから大人になる様子もよかったし、なんといっても山崎努の色気の恐ろしさよ!

まったくストーリー知らずに見ていたら、原田芳雄と山崎努は倦怠期のゲイか何かであの不思議な緊張感なのかと思ってしまった。
女性を軸にした緊張感なのだとわかっても、一緒に暮らしている感じとか何かあるよなぁとつい考えてしまう。
それくらい色気が溢れていて、何らかの想像をかきたててくるのが凄い。
というか出てくる大人は皆色気に溢れてる。本当にすげー。

個人的に好きなシーンは、レイプされたサチノにゴローが酷いことを言うのだけどそれに対してサチノがきりっと睨みつけて、ゴローを見限るところ。
ゴローの言い分は平成になった今でもよく見かけるような言質なのだけど、そんなことをいうゴローは馬鹿です、ときちんと表現していると感じられるから。
そうはいっても結局サチノはゴローのところに戻ってしまうわけだけどね。


それにしてもじめっとしているのにカラッとしているような不思議な映画だった。
アメリカン・ニューシネマっぽいというか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「時をかける少女」 [映画]

角川アイドル映画といえばこれ原田知世の「時をかける少女」。
この少しもっさりと甘酸っぱい感じがなんとも言えない。

客層は今までの角川祭以上におじさんでいっぱい。
でも若い人もちらほらいたのはアニメからの派生で観に来た層なのかな?
お父さんと中学生くらいの子供と一緒にというファミリーもいた。

終映後に拍手が出たのは驚いた。
いや好きな映画だけど、拍手するような映画ではない気がするんだけどなぁ。
でも原田知世のつたない歌とあのカメラテスト映像には拍手が似合う気もするけれど…うーん。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「キャプテン・アメリカ シビルウォー」 [映画]

なんだかんだと3回目。
「アントマン」から続けてみると、アントマン参戦状況がよくわかってより楽しめた。

ところで後ろにいた男子大学生二人組が面白かった。
一人がマーベル好きでもう一人に布教している感じだったんだけど、その説明聞いてると私もかなり遅れてのマーベル参加なのでなかなかタメになったし、その子のマーベル愛を感じて微笑ましかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「アントマン」 [映画]

WOWOW放送でちら見していたけれど、早稲田松竹の2本立てに来てみた。
嬉しかったのは「アントマン」のパンフ販売があったこと!
諦めていただけに本当に嬉しい!

こちらもかなり好き。
マーベルヒーロー物と言っても少し毛色が違うところが良い。
アクションコメディ、家族愛とかが渾然一体でバランスがいいし、テンポも良い。
それにしてもポール・ラッドの老けなさに驚いた!
クルーレス」の頃とほとんど変わりがないように見えるんだけど、どうなってるの?!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「ゴーストバスターズ」3D [映画]

ソワレのエリザまで時間があったので映画でもと思ったら、博多って意外と映画館少ないし、109、TOHO、ユナイテッドと同じような映画しかかかってなくて驚いた。
かかっている映画にもう少しバリエーションないと映画好き層は辛そう。

映画自体はかなり好き。
ただし都合により吹替で見たのだけど、やっぱり結構気になる。
ちょっとした抑揚やアクセントの付け方、タイミングとか本当に気になってしまうのはなんなんだろう?
日本語によるストレートプレイが苦手というのがそのまま吹替にも当てはまる。
そもそも映画館で吹替で洋画観たのって初めてかもしれない。
直前の予告でみた「キングオブエジプト」よりは断然マシだけどね。
TV放送でタダで見ている分には吹替にそこまで文句は付けないし、そもそもTV放送だとながら見前提だから吹替のほうがありがたい位で、ながら見だから細かいところは気にならないっていうのもある。
でも映画館だと没頭しているからこそ気になってしまうのだよなぁ。

で、本編は、とにかくホルツマンに惚れるし、クリヘムのケヴィンが可愛い
これホルツマンに惚れない人がいたらおかしいでしょ?!ってくらいホルツマン推し。
ちょいパンク目な服装だとか、本当にいいっ!
エリンはお堅くて垢抜けない服装が、力の抜けたナチュラルスタイルになっていくところとか好き。
パティも歴史好きとかちょこちょこいい感じに絡んでくる。
しかしたぶん主役級のアビーの印象が結構薄い。ワンタンスープ問題くらいか?何故?!

リブート版ということだけど、とってもスマートでクレバーなリブートという印象。
オタクvs.オタクなのに、「仲間を信頼し、仲間がいる」オタクvs.「仲間なし、凝り固まった」オタクになっているところや、女性だからといってお色気のみに全振りという役もないし、本当に見ていてストレスがない。
ケヴィンはeyeキャッチでお馬鹿でという、一昔前ならば女性に当てられるような役なんだけれど、だからといってそこまで格下に見られているわけでもない。彼の個性として受け入れて、彼に出来る範囲で仲間として扱っている。

こういうところが微妙に「シン・ゴジラ」と違う気がするのだ。
「シン・ゴジラ」はリアリティを追求と言いつつも官僚的なところを馬鹿にしている感じだと思うのだが、そこに出てくる女性陣4人がステロタイプ過ぎて微妙なんだよな、とこちらを見て改めて思う。

それにしてもエンドロール途中で席を立つ人が結構いて、声を大にして「この後ケヴィンの見せ場があるよ!」と言いたかった。
(というか事前情報でケヴィンが踊るというのは聞いていたからなんだけど)

しかしやっぱり字幕で見たい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 [映画]

リーマンショックの背景。
ちゃんと作品内で用語の説明があるので、経済ものと恐れることはない。
スティーブ・カレル演じるマークやブラピ演じるベンは、自分の行いについてちゃんと思考、葛藤しているところがよい。
自分が穴を突いてお金儲けすることにより、マネーゲームに乗せられた一般市民が窮地に陥ることになる、という認識の上で行動を決める。これって自分の行動に対してきちんと責任を持つ覚悟があるってことだと思った。
クリスチャン・ベール演じるマイケルはその点もう少しドライ。
自分の顧客に対しては誠実だけれども、あくまでも理論を実践しているだけというふうに見えた。

ところでフィン・ウィットロックて意外と身長ないのね。
顔の感じ的に180cm以上はあると思ったのだけどな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「スポットライト 世紀のスクープ」 [映画]

割りと淡々としている。
でもこういう淡々としているけれど、真面目な映画がちゃんと大きな賞を受賞しているのは良いこと。
でも題名を見ると、アカデミー賞授賞式でのモーガン・フリーマンのとても印象的な読み上げを思い出してしまう。単に「スポットライト」と言うだけなのにあそこまで劇的になるのは彼ならでは。

閑話休題。
途中まで社内に教会派がいて過去に妨害されていたのかと思いきや、そうではないという展開も味わい深い。
そして教会が身近ではない私にとって、教会の権威がいかほどのものか、とても分かりやすかった。
信仰と教会は別物だが、切り離せない人がほとんどというのは興味深い。
なので教会批判が信仰批判と捕えられがちで、教会に対して強いことが言えないというのが根本にある。
そうすると偶像崇拝を禁止しているイスラム教であれば、同様の事件があったとして、普通にモスクに対して批判できるのであろうか?
まぁ日本だって、普通の檀家では寺に対して強いこと言えなかったりするわけだから同じかなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。